お墓の情報が満載!

このサイトでは、身近なところで墓地の相続問題が起こったときに役立つ情報をご紹介しています。
お墓の手入れは誰がするのか、またお墓の管理が出来ないときにはどうしたらいいのかといったことから、敷地内で起きた問題の責任は親族にあるのかなど、いざという時に知っておきたいことも掲載しています。
子どもや孫などのお墓を継ぐ人がいないといった、少子・高齢化の現代には身近なお墓についての情報をチェックしてみるのをお勧めします。

墓地の相続問題

墓地の相続問題 都会に出て暮らす核家族が多い現代では、お墓参りをしたことがないで育ったという人も少なくありません。
先祖代々の墓地がある田舎から都会に出てきて家族を持ったという場合、生活の拠点が墓地から離れた遠い場所にあるケースも多くあります。
そんな場合、なかなかお墓参りをすることが出来ない、お墓の管理が出来ないということも多いでしょう。
また核家族化に加えて少子・高齢化のためお墓の管理を引き継ぐ人がいなくなってしまったというのも、お墓の相続問題として挙げられることです。
先祖代々のお墓を継承する人がいなくなった場合、無縁墓となってしまうことがあるほか、墓地を放置するのは危険なこともあるため、墓じまいや改葬して問題を解決するのがお勧めです。

意外と多い墓地運営者とのトラブルとは何か?

意外と多い墓地運営者とのトラブルとは何か? お墓を建てることは何度もあることではなく、中には代々からのお墓があり、自分や家族が入るところは既に決まっているという方も多いでしょう。
しかし新たな墓地に自分と家族用にお墓を建てたり、墓石を新しくしようとするときなどには不具合が発生することがあります。
特に民間霊園や寺院墓地を利用する際、指定石材制度に関することなどで、トラブルとなりやすいようです。
民間霊園を運営する宗教・公益法人は、単独でその運営費用を賄うことが困難なことが多く、石材店が支援を行なっていることがあります。
このため指定した墓石店のものでないとお墓を建立できないケースがあり、自分の希望通りのものを使えないことがあるのです。
指定石材店が希望通りのデザインや石質・価格で制作できればそれほど問題にならないかもしれませんが、そうでない場合はトラブルになることが予想されます。
このため、希望のデザインや装飾をお墓に行うことができるかどうかは事前に確認しておきたい点になります。
また民間霊園を利用する際、発生しやすいトラブルは料金に関することが多く見られます。
一般的に民間は公営に比べると料金が割高になりやすいと言え、これは駐車場や休憩所・歩道などの設備が整っていることが多いからです。
それがセールスポイントになっており、料金が割高になっている原因で、さらにホームページやチラシなどで宣伝している料金より高い場合もあり、最低価格さえも虚偽の場合がありますから気を付けたい点になります。

お墓に関するお役立ちリンク

新宿で墓地を探す